【令和三年】節分弁当

元気に豆をまき、邪を払い福と春を呼び込む「豆まき」は節分の行事。今年は124年ぶりに「2月2日」です。

この頃は、恵方巻も節分の食べ物としてすっかり定着してまいりましたが、ほとりでは、立春大吉を祈念して「節分弁当」を用意しました。


「節分弁当」献立

・恵方ちらし巻き(ちらし寿司が巻かれているような恵方巻きです)
 数の子、えび、うなぎ、椎茸、厚焼玉子、かんぴょう、みぶ菜、でんぶ

・炊き合せ・福豆・玉子焼き・くわい・田作り・たけのこ・春野菜・鯛の五色あられ揚げ・そのほかいろいろ

【お日にち限定品】・節分弁当は、2月2日または、2月3日のご用意になります。
  • 2,800円(税込3,024円)